整理整頓・清潔な暮らしこそが害獣を遠ざける

整理整頓
Pocket

ネズミやハクビシンなどの害獣は庭やベランダを経由して家の中に侵入してきますが、ほんのささいな心掛けで害獣予防になることがあります。

今回は「整理整頓・清潔な暮らしこそが害獣を遠ざける」についてまとめてみました。

ベランダ・庭の片付けのコツ

ベランダの片付けのコツ

年末年始など多くのゴミが出る時期は、一時的にベランダに生ゴミを置いておくということがあるかもしれませんが、ネズミやハクビシンなどの害獣を呼び寄せる原因となってしまいます。

屋外に生ごみを放置するのはやめましょう。もしどうしてもという場合は、大きめの密閉できるボックスなどに入れて漁られないようにします。ペットボトルなどの飲み残しも害獣に狙われてしまいますので、外に置く場合は洗って綺麗にしてから出すようにしましょう。

またベランダで昆虫を飼育している人も多いかもしれませんが、幼虫が害獣に狙われてしまうことがあります。きちんと蓋をして昆虫を守ってあげましょう。ペットの残したペットフードもできるだけ早く処分するようにします。

ベランダに物が溢れているとネズミの死角ができやすかったり、布ゴミや紙ゴミを巣作りに使われてしまったりすることがあります。なるべくものを減らしてスッキリしたベランダを保つようにしましょう。

庭の片付けのコツ

庭に果樹がある場合、実はなるべく早めに収穫するようにします。また実にはなるべくをかけるようにしましょう。また樹木をつたってベランダなどから侵入することがあるので、屋根やベランダなどに向かって伸びる枝木はこまめに切り、建物に近づけないようにしましょう。

家庭菜園をしている場合もネズミなどに狙われてしまうことがあるので、ネットをかけるなどして害獣のエサにならないようにしましょう。

あらゆるスキマは侵入口

侵入しやすい場所

害獣駆除をするもっとも楽な方法は害獣を家に侵入させないことです。

柱、壁、天井のスキマ、戸袋、庇の下、床下、軒下の穴やスキマ、通風口、換気扇など家にあるあらゆるスキマが害獣の侵入口となってしまいます。

もし家の周囲にこういった侵入口になりそうな場所があったら、防鼠金網や防鼠板などでスキマを塞いでしまいましょう。一度侵入を許した家は狙われやすいため、忌避剤をあらかじめ撒いておくとよいでしょう。

害獣の通り道

電柱、雨どい、家の壁にたてかけてあるものなどをつたってネズミなどの害獣は侵入します。ネズミの通り道をなるべく減らすためにも、ハシゴやほうきなどを家の壁に立てかけずに保管するようにしましょう。

二オイでネズミとハクビシンを撃退?

アロマオイルを使う

ネズミは視力が弱く白黒でしか判断できないと言われていますが、その代わり嗅覚が非常に優れているため匂いには敏感です。

ベランダや庭などの侵入経路になりそうな場所にネズミの嫌うアロマオイルの入った水をスプレーしておくと家に寄り付かなくなります。

ただし甘い植物性のアロマオイルは却ってネズミを呼び寄せてしまうことがあるため、ペパーミントやユーカリオイルなどのアロマオイルを使用するようにしましょう。

ペパーミントは色々な用途にも

特にペパーミントは殺菌力がある上に、消臭効果や害虫除けにも効果があるとされています。

アロマオイルだけでなく、実際にペパーミントを育ててみるという手もあります。家庭菜園をしている場合は一緒にペパーミントを植えてみるとよいですね。

ただしペパーミントは生命力が強く、地下茎が他の植物を駆逐してしまうこともあるため、鉢植えでの栽培をオススメします。

まとめ

害獣を寄せ付けないための整理整頓についてまとめてみました。

害獣予防のためだけでなく、庭やベランダをスッキリさせると気持ちも明るくなるものです。常に整理整頓・清潔を保って害獣もよせつけないようにしましょう。

こちらの記事もどうぞ → ネズミとハクビシンは家に入れてはいけません

Pocket