ハクビシンってどんな動物?

ハクビシンについて
Pocket

果樹園の果実が被害に遭ったり、庭先に糞をされたりした場合、それはもしかしたらハクビシンによるものかもしれません。

ハクビシンって名前は聞いたことがあるけれど、実際に見たことはないという人もいるのではないでしょうか。

今回は「ハクビシンってどんな動物?」についてまとめてみました。

ハクビシンとは

ハクビシンの特徴

ハクビシンはネコ目ジャコウネコ科に属する動物です。頭胴長50〜75cmほどで、尾長は約40cmほどです。顔面が黒色、胴体は灰暗褐色で、雌雄ともに同じ色をしています。

白鼻芯という名前の通り、頭頂部から鼻にかけて白い線が通っているのが大きな特徴です。四肢はやや短く、イタチのような姿をしています。タヌキと間違われることもありますが、タヌキはイヌ科でハクビシンはネコ科なので根本的に違います。

ハクビシンの生態

主に中国から東南アジアを中心に分布しています。日本では沖縄を除く全国に分布します。丘陵地から山地などの森林に生息していることが多く、樹洞や土穴をねぐらにして繁殖します。

夜行性で樹上生活をしている時間が長いため、人目に触れることは少ないですが、実は都内にも1000頭以上生息すると言われています。

運動能力が高く垂直に1m以上ジャンプすることができる上に、木登りが得意で垂直の壁にも登ることができます。綱渡りが得意で、電線の上を歩く姿もたびたび目撃されます。

ネズミと一緒で野菜、昆虫、爬虫類など何でも食べますが、特に糖度の高い果実を好んで食べます。

ハクビシンが人の家にもたらす被害

ハクビシンによる被害

近年では都内でもハクビシンによる被害報告が増えていますが、ハクビシンは人家に侵入し、屋根裏などに巣を作り繁殖します。

ハクビシンは同じ場所に糞尿をするという習性があるため、天井にシミができたり、最悪の場合は天井が腐って抜けてしまったりすることもあります。糞尿の臭いも強烈なので、悪臭にも悩まされることになります。

またハクビシンは野性動物なので恐ろしい感染症を媒介することがあります。ダニやノミを大発生させることもあるため、衛生的な面においても深刻です。

強い繁殖力

ハクビシンの厄介な点はその繁殖力の強さにあります。一年中繁殖することができますが、基本的には一年に一度、2〜3頭を出産します。

産まれた子供はわずか10か月程度で出産可能となり、妊娠期間がわずか2か月しかなく、寿命が10年以上と長いためいつの間にか数が増えているということがあります。

ハクビシンの捕まえ方

まずは侵入させないようにする

ハクビシンはとても運動神経がよく、壁も垂直に登ってしまうため軽々と2階まで登ってしまいます。また狭い場所も通り抜けることができてしまうので、小さな隙間から家の中に侵入されてしまうと厄介です。

まずはハクビシンを家に侵入させないようにしましょう。

軒下や換気口、エアコンの送風口などハクビシンの侵入口になりそうなスキマがあれば防鼠網などで塞ぐようにし、建物周辺の草刈りをして常に見通しをよくしておきましょう。見通しがよくなるだけでも警戒して近づかないようになります。

忌避剤を使用したりベランダにネットを張ったりすることも、室内への侵入を防ぐには有効です。

捕獲する場合は

ハクビシンは鳥獣保護法により保護されています。そのため許可なく勝手に捕獲することはできません。ただし農作物に被害を与えている個体に限り、自治体の許可があれば捕獲することができます。詳細は自治体に確認しましょう。

捕獲する場合は捕獲器をハクビシンの寝床、餌場、通り道などに設置し、甘い果実で誘導します。人間の臭いを嫌うため、捕獲器を設置するときは軍手を使用しましょう。

ただし屋根裏など設置が難しい場合は無理をせずに害獣駆除の専門業者に任せるようにするとよいでしょう。

まとめ

ハクビシンについてまとめてみました。

見た目は可愛いかもしれませんが、生活圏内に生息されると厄介な生き物ということがわかりますね。もし近隣でハクビシンの被害報告があったり、目撃情報があったりした場合は、早めに対策してハクビシンを家に侵入させないようにしましょう。

こちらの記事もどうぞ → ネズミの種類を知って対策しよう

Pocket